治験コーディネーター

治験の準備を行う

製薬会社の作った新薬を販売するためには、厚生労働省の認可を受ける必要があります。
そのためには、治験という人体を使った実験をして有効性や副作用のリスクなどのデータを取る必要があります。

治験のコーディネートを行うのが治験コーディネーターです。
治験コーディネーターはまず治験実施計画書を見て、治験内容を把握し、その上で医者や看護師をはじめとして、治験に携わるスタッフに具体的な知見の注意事項などを説明します。

一方で、被験者のスクリーニングを行い治験するのに適した人材を確保します。
被験者に対して事前にインフォームドコンセントで、治験の内容とどのようなリスクがあるかなどの説明をして同意を求める必要がありますが、被験者の中には治験を受けるにあたり不安を抱く人もいまので、そのような人たちの相談相手になるのも、治験コーディネーターの重要な業務です。

医療スタッフの支援

治験はどこかの医療機関に協力をしてもらって、実施されます。
そこで治験を担当する医療スタッフのサポートをするのも、治験コーディネーターの重要な仕事です。

まず医者は被験者の皆生観察に関する書類を作成する必要があり、この書類作成のサポートや検査数値などに間違いはないかなどのチェックを行います。
その他にも検査をする時には、薬剤師や臨床検査技師、放射線技師も治験に携わる可能性があります。
そこで彼らと具体的な検査項目やデータの取り扱いをどうするかなどの打ち合わせを実施しておきます。

薬剤師の場合、取り扱う新薬の服用方法などについての確認もしないといけませんし、看護師が被験者のケアを行うこともあるので、ケアで注意すべきことを伝える必要もあります。

治験コーディネーターの給料はどのくらい?

未経験者で他の医療関係の仕事から転職した場合、最初の月の給料は20~25万円程度が基本給になると思ってください。
場合によっては残業が必要なケースもありますが、残業代は別途に出ます。
ボーナスに関しては、月給の2~4か月という設定になっている所が多いですから、治験コーディネーターの年収は280~400万円程度がスタートであると思ってください。

治験コーディネーターには資格があります。もし資格取得しておくと、資格手当のつく可能性があります。
会社によって異なりますが資格手当は月に1~3万円上乗せされる傾向が見られます。
このため、上で紹介した年収よりも10~30万円程度の上乗せが期待できます。