家族性アルツハイマー病の遺伝子診断について

家族性アルツハイマー病の遺伝子診断とは

家族性アルツハイマー病の遺伝子診断とは、通常の人より遺伝子の都合でアルツハイマー病を患いやすい人に対して用いられている病名です。

アルツハイマー病そのものは、昔から高齢者が患いやすい病気として知られているため、それほど多くの人がかからない・・・と思われている場合が多いものです。
しかし、近年では家族性アルツハイマー病が知られるようになりました。
若い頃から不自由している人が、今では多くいるということも知られるようになってきたのですが、なぜ今までこのような病気が知られないままであったのか?については、以下のような理由により知られないままとなっていました。

あまり認知されていなかった理由その1ですが、前述のとおり高齢者が患ってしまいやすい病気と思い込んでいる人が多かったのです。
ですが、脱毛症と同じで一定の割合で遺伝子による影響のため、アルツハイマー病を発症してしまう人がいるということも知られるようになりました。

認知されていなかった理由その2ですが、若者特有だったので発見が遅れてしまったという理由も存在します。
高齢者の場合、アルツハイマー病という診断が起きる以前に、家族によりアルツハイマー病が疑われているケースが多いため、素早く発見、認知されることが多いのです。

若い人が発症しているアルツハイマー病は、高齢者のものとは違い症状の度合いが人によって大きく違ってきます。
そのため、多くの人に知られている症状とは別の症状に悩んでいる人もいるため、病院などで正しく治療を受けている人が少なく、全体的にそれほど患者数はいない・・・と思われていたのです。

現代では、そのような問題を受けて家族性アルツハイマー病の遺伝子診断まで行えるようになりました。
この診断は、他の家族などと比較してアルツハイマー病のリスクが高いのかを、専門的な治療を通じて診てもらえるというものです。

また、原因遺伝子の特定も急がれている病気であるため、病気の進行度そのものを診断で知ることもできるようになっています。

家族性アルツハイマー病の治療

家族性アルツハイマー病についてですが、現在は症状が知られているだけで病態については明らかになっていません。

肝心のアルツハイマー病そのものも、「脳が萎縮する」ことにより判断力、記憶力が人並み以下になってしまうという見方が存在するだけです。
また、アルツハイマー病は人によって発症する病気に違いがあるため、前述のとおりで発症しているのかどうかがわかりづらい一面があります。

つまり、家族性アルツハイマー病を治療したいのであれば、早い段階で専門的な治療を診断を通じて受けるのが、理想的な家族性アルツハイマー病の対処法となります。