バイオ・リジェネレーション法について

新しい医療

バイオ・リジェネレーション法とは、歯の治療で用いられている新しい医療のことです。

本来の医療は修復という形で歯を治すものなのですが、バイオ・リジェネレーション法は歯を再生させることで治療を完了します。
歯の治療は、フラップ手術のような形で修復するのですが、人によってはバイオ・リジェネレーション法を好まれる方が今では多くいます。

なぜ、現代では再生させる形で医療できることが、これほど評価されているのかというと、以下のような理由があるため評価されているのです。

第一に、バイオ・リジェネレーション法であれば、早い段階で治療を終えることができます。
修復ではなく再生を行っているので、再生そのものが順序良く行われるようであれば、問題なく治療を終えられるためです。
通常の医療では経過観察が必須となっていました。
修復の場合も同じで、正常に修復が完了しているのかチェックする形で治療が進んでいくのです。

第二に、バイオ・リジェネレーション法であれば再生という形で治療を進められるので、安心して治療を受けられるというメリットがあります。
治療の際に、不都合が発生する場合というのは投薬であったり、もしくは医師の腕によって発生します。
ですが、バイオ・リジェネレーション法は他の治療方法に比べて、複雑な治療を行うわけではありません。

また、拒否反応が起こるような治療方法ではないのです。
このような魅力があるため、多くの人は修復よりも再生を選んでいるという状況です。

第三に、認知度が高まっているためバイオ・リジェネレーション法は人気です。
過去においては再生医療というのは画期的であっても、安心できる治療方法であったのか不明でした。

しかし、現代では歯の治療だけでなく、体のすみずみを治す際に再生医療を受けている人が増えています。
細胞などを用いて肌をキレイな状態に戻すという美容関連の医療も存在すれば、神経、骨を再生するような医療も存在するので、昔ほど危険視されることが少なくなったのです。

キレイに治る

バイオ・リジェネレーション法の良いところは、施術後にキレイに治るところです。

修復の場合、医師の腕にもよりますがキレイに治らないことはあります。
年齢によっては歯の色が年齢相応のまま残ってしまう・・・ということもあるでしょう。

ですが、バイオ・リジェネレーション法は肌と同じで、キレイな状態に治してくれるという魅力があるのです。
そのため、歯の治療を受けながら歯全体の美容をコーディネートするような治療も可能となりました。
今では、バイオ・リジェネレーション法でどこまでキレイになるのかも、大まかに知ることができる時代です。