一部の粒子線治療が保険適用に

研究

どのような範囲で保険が適用となる?

一部の粒子線治療が保険適用となっていますが、全体に対して保険が適用されるわけではありません。

数多くの病気が存在するとされているのが、一部の粒子線治療による病気の治療です。
そのため、小児がんの陽子線治療であれば、一部の粒子線治療として扱われるので保険が適用されるようになっています。
その他では、骨軟部腫瘍の重粒子線治療においても、一部の粒子線治療として扱われるので、小児がんの陽子線治療と同様で保険適用となるのです。

また、保険が適用になるといっても、あくまでもこれらの病気に対して保険が適用されるだけです。
そもそも、小児がんなど見つかっているだけのもので数種類を超えるほどの治療が存在するため、前述した陽子線治療のみで治療を終えられるのか?に関しては不透明です。
こればかりは病院で診断を受けてみないと、詳細の対応がわからない状況になっています。

それと、保険が適用となっても病態によって保険の適用にもズレが生じますので、そのことも理解して利用されたほうが良いです。
保険の適用が100万円以内ということもあれば、100万円以上でも適用となるケースが存在します。

前述のとおり、細かい症状については個人で判断することが難しいので、まずは病院で正しい検査を受けることが大事です。
後になって保険の適用に関する相談も受けられますので、まずは治療を受けられる状態まで話を進めたほうが賢明でしょう。

一部の粒子線治療が保険適用と注意点

一部の粒子線治療が保険適用となる・・・というのは、あくまでも粒子線治療を受ける場合の話です。

そのため、粒子線治療以外も受けなくてはいけなくなったというケースでは、粒子線治療に該当しないケースもあります。
それだけでなく、最終的に粒子線治療を専門的に行ってもらえるのか、そのことも確認しておいたほうが良いでしょう。

というのも、最新の医療設備が整っている病院であっても、専門的に粒子線治療を行っているわけではないからです。
病院によっては診断結果で別の病気として判断され、粒子線治療が後になるケースもありますので、全体的に同じ診断、一部の粒子線治療による同じような保険適用がされるわけではありません。

基本的に、一部の粒子線治療が保険適用となる場合は、一分の負担なのか、それとも全体の負担となるのかは明らかにしておいたほうが良いです。
もし、余裕がある際は病院で治療を受ける日数についてもチェックしておきましょう。
何気なく治療中に用意するもの(着替え、見舞いなど)も、長い日数を要求される病気の場合は、予想以上の支出になることもありますし、後になって用意するのが大変なものも数多く存在するからです。