MEN1遺伝子検査について

要は遺伝子検査

MEN1遺伝子検査とは、下垂体腺腫などの遺伝性疾患を発見することができる検査のことです。

また、遺伝子検査という名前は聞き慣れない名前のため、複雑な検査を受けないといけない・・・と思ってしまう人もおられるでしょう。
ですが、それほどMEN1遺伝子検査は複雑ではありません。

まず、先ほどの下垂体腺腫などの遺伝性疾患が存在するのかチェックします。
風邪などにかかっている際に、実際に症状などを医師に診てもらったりしますが、MEN1遺伝子検査も同じような対応を行っているわけです。

そして、遺伝子検査後にどのようなリスクを抱えているのか、そのことを医師の口から患者に対して伝えられるようになっています。
病気の診断ではMRI検査に似ていると感じるかも知れませんが、似ているようで違っているところも多くあります。

というのも、MEN1遺伝子検査はすぐに診断結果が出るわけではないからです。
人によっては、細胞の変異などを特定するのに時間がかかるということもあるでしょう。

また、それ以外の対応では他にもリスクを抱えている可能性を疑われることがあります。
なので、通常の審査よりも長い時間がかかってしまうということを理解し、MEN1遺伝子検査を受けると良いです。

それと、すぐに治療などを受けられるようになっているわけではありません。
人によっては下垂体腺腫よりも思い遺伝性疾患に悩んでいる人もいますので、すぐに治療を受けられないことがあります。

今では、遺伝子検査によりあらゆる病気を特定できるようになった・・・のですが、それと同時に複数の病気を特定できるようになったため、治療そのものに時間がかかるようになってしまっている状況なのです。
もし、MEN1遺伝子検査を病院で受ける際は、スケジュール的に余裕がある時に受けたほうが賢明です。

MEN1遺伝子検査で治療が安定する

MEN1遺伝子検査の良いところはMENパスポートが発行されるところです。

MENパスポートとは、患者さん専用の手帳です。
なにを記録する手帳なのかというと、MEN1遺伝子検査により発見された病気、病気の施術、治療後の状況などが記されていく手帳です。
人によっては、医師から難しい言葉を言われて戸惑う人もいるでしょう。

重い病気にかかってしまうと、今まで聞いたことのない専門用語が飛び出すので、慌ててしまう人も数多くいます。
ですが、MENパスポートがあれば現在の治療状況がわかるため安心できます。

また、MENパスポートを使用することで医師と綿密な相談を行うこともできますし、MEN1遺伝子検査からどの程度で治療が進んでいるのかも、個人としてチェックできるようになっているのです。