末梢血幹細胞による血管再生治療について

最新の医療として注目を集めている

末梢血幹細胞による血管再生治療は、再生医療の中でも最新の医療として注目を集めています。

再生医療とは、血管、神経、骨など欠損してしまうと本来は蘇らない部分を、局所的に治療できるようにするという医療行為です。
例えば、血管の一部がダメになってしまったとします。

そのような場合も、人の血管を使うのではなく新しく再生医療で作られた自分の血管を使うのです。
体内で生成されるものではありますが、欠損してしまった分を素早く戻すということはできません。
また、神経などは適合率も存在するので、人のものを使うという行為そのものが認められず、人によっては放置せざるを得ない状況に置かれるのです。

しかし、再生医療であれば末梢血幹細胞など、細胞を上手く扱うことによって拒否反応のない治療を行うことができます。
また、拒否反応のない治療を行うことは、そのまま医療を受けなければいけない日数の短縮にもつながるのです。

拒否反応が起きるかも知れない治療を受けた場合、治療後に何度も拒否反応が出ていないか確認しなければなりません。
しかも、それらの対応にもお金がかかってしまうため、医療を受ける側の負担も増大しやすいのです。

末梢血幹細胞による血管再生治療の場合、再生医療がどのように進んでいくのか、もしくは血管の再生で用いられたことのあるもの(サンプル)を確認できます。

そのため、どのような治療を行うのか医師と患者で決めていけるため、医師に対して信用をおける医療としても注目を集めています。
なにより、末梢血幹細胞による血管再生治療を受けると、様々な症状の回復も診られるので、部分的な解決だけでなく、全体の問題が解決していく治療法としても注目を集めているのです。

最新の医療ではありますが、なによりオーガニック(自然)を考慮に入れて人工的なものを体内に残さないため、大きな拒否反応による再治療のリスクが小さい・・・という特長もあります。

効果も認められている

末梢血幹細胞による血管再生治療は、重症化している患者であっても効果をあげることが知られています。

このような研究は臨床研究として何度も行われているのですが、末梢血幹細胞による血管再生治療はであれば、合併症も同時に治療を進められるとして評価されています。
末梢血CD34陽性細胞というものが、筋肉注入されることで治療が進んでいくのですが、このような治療を受けると自覚症状の有無などで改善が見られるとされています。

つまり、治療を受けることで日常生活の支障が減るという面でも、末梢血幹細胞による血管再生治療は認知され、評価されているのです。
しかも、このような治療は何度も受けられるというメリットまで存在します。